泣くための唄と 忘れるための酒と・・・
出逢った頃の二人に 今すぐ戻れるならば・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エアレーションシステム
 人にはそれぞれ ”強み” ”弱み” があります

 
 ”強み”っていうのは ”得意”であったり ”好き”であったり その事に対しては調べたり 自分でやってみたりして

 ある程度の知識を蓄積している事だと想います 

 僕の強みは何でしょう? エビもかじってますが 水草水槽もかじってること (これは強みなのか・・・?)

 僕の弱みは何でしょう? どっちも中途半端・・・物事広く浅くで やってます^^


 こんにちわ SKRNKZ です


 今日は 自称”浪速のえび親父”こと BackAlley 路地裏のレッドビー のこうせいさんの質問攻撃にお応えして

 60Pのエアレーションシステムを紹介したいと想います


 エアレーションというと デュフューザ- エアーストーン エアーカーテン エアーリフトフィルターetc

 それぞれ好みや機能性を考え採用していると想いますが

 
 水草レイアウト水槽を嗜んでみえる方達は 水景を遮る人工的な物を極力水槽内に配置する事を避けたいと想っています

 まぁ僕も嗜む者の端っこの端っこにいるので ついついレイアウトっぽいエビ水槽になってしまいがちです

 
 この60Pは その想いを盛り込んだ水槽なんで リリーパイプを使ってみたりしてます^^


 では 本題のエアレーションシステムについて


 使っているのは このパーツです

007_convert_20090715093428[1]

 一番左に3つ並んでいる上2つはストーンです(上のはCO2用 下のはエアー用)

 その下のは 水作エイトに使う交換プラストンです これを使ってます

 CO2用は エアーポンプの圧が足らないのでエアーが出ません

 エアー用のストーン(10φ)も水流の圧におされているようで微妙にしか出ませんでした

 
 それにストレートのジョイントとエアーチューブと逆流防止弁
 

 プラストンを設置したのが こちらになります

008_convert_20090715093457[1]

 
 これをホースに押し込んで固定します

009_convert_20090715093523[1]

 どこにピントが合ってるんでしょう・・・ こういう金具で固定している事がわかって頂ければ本望です!


 全体は前記事に画像があるので スクロールして下さるとわかると想います^^


 設置する場所は 2213から水槽へ戻る途中です 水槽からサブへの途中に設置するのがバクテリアにはベストですが

 エアー量の調整がうまく出来ないとポンプがエアー噛みして壊れるかもしれません

 (話は逸れますが バクテリアが呼吸するのに必要な最低量を供給すればエアー噛みしないと想います 

 また 外部に自動でエアー抜きするバルブを自作してみえるアクアリストさんも居ます)

 当然バクテリアも呼吸をすると二酸化炭素を出すので 時々エアー噛みはしますが(シャーって音がするよね)



 ということで エアーの出ている状態がこちら

011_convert_20090715093546[1]

 わかりにくですねぇ~^^; わかりにくいくらい出ているという事で ご理解下さい(結構出てます!)


 メリットは・・・水槽内がすっきりして オシャレ? 外部の目詰まりも流量もエアーを観ればわかりやすいです

 
 サブを2基設置してますが 流量的には悪くは無いと想います(エアーの出方を観る限り)

 強すぎると ヒゲ苔が出たりするし(出てます 汗) 弱ければ止水域・・・(レイアウトにもよりますが)

 2213単体で使用すると かなりの水流で水槽内が洗濯機状態になると想います 
 
 
 その対策でタップを絞ったり シャワーパイプの穴を大きくしたりすると想いますが

 サブを設置することでも 抵抗が増えるので水流(流量)を抑える事が出来ます 何よりもバクテリアの増殖が見込めます

 
 フィルター内に入れるウールマット フィルターパッド等の枚数でも 流量は変わると想います

 
 ということで エアレーションについて少し語ってみました 質問には全部お答え出来たと想いますが

 伝わり切らないところは またお聞きください 少しくらい参考になれば 嬉しいです


 これが全て正解ではないので 反対意見も是非! 語り合いましょう! Let's Discussion! より良いエビライフの為に 
コメント
(。・ω・)ノ゙ コンバンゎ♪
なるほどd(。ゝд・)
昨日の記事で
何でTジョイントにエアーポンプが繋がってるのか気になって気になって(^_^;)
目の錯覚かな・・・って思った(;`・д・`)

2009/07/15(水) 21:45:56 | URL | 九十九えび #9LlahKFY[ 編集 ]
こんばんは♪
エアレーションの講義ありがとうございましたw
リリーパイプがようやくどんなものか分かりました(笑)

<別件で~す>
今日のブログコメントありがとうゴザイマス。
でも・・・多分、今日も寝不足になります。
やる事が色々あって寝てる暇が・・・( ゚ ρ ゚ )ボー
2009/07/15(水) 23:46:40 | URL | オスビー #SEFye3cg[ 編集 ]
逆流防止弁
こんばんは。
この逆流防止弁は、重宝しますね。
この12/16ホースにぴったりサイズって
想定内なんでしょうかね? 気持ちいいくらいにぴったり挿せますよね。 
なるほどエアーレーションの効果について
ここまできっちりとレポートされると自分の装備にもフィルター内にエアーがいきわたるように考えておかないとと思います。
2009/07/16(木) 00:00:18 | URL | aqulabo_glass #-[ 編集 ]
お見事!
有難うございます。

なるほど~!
理にかなっていますね、
僕も以前にCO2を添加している時に水槽全体に行きわたる様にジョイントマスターでしたっけ?考えた事はあります。

結局しなかったけど。

リリーパイプのエアーですがエクトプラズムみたいですね(笑
これならディフュイーザーみたいに水流が強くならないし、エアーチューブもいらないので水槽内がスッキリするわけか!

我が家は底面エアーリフト・エアレーション・スポンジフィルターとブクブク系統が多いので水はじきが多くて困っています

これなら水はじきも無関係な訳ですね!


バクテリアをどれだけ維持するかが飼育のポイントかなと思っています!

エビが元気でウンコをいっぱいして、バクテリアがそれを餌に、そして酸素の供給!

このサイクルが大事なんですね!

最後に質問攻撃の締めになりますが!

エアレーションですが、この時に水がはじけてエネルギーが発生し、熱が発生するという記事をどこかで読んだことがあります!

夏場のエアレーション過多は水温を上げ、
冬場のエアレーション過多は水温を下げるみたいな!

我が家はエアレーション過多です!
水面上は結構バシャバシャしてる感じで・・・
現在立ち上げ中の水槽と比べると同じ場所にあるのに水温が1~1,5℃違います!

エアレーション過多で生体が入ってる方が水温が高いです!

うちのような水面を動かすようなエアレーションの仕方はエアレーションで水温を若干下げれると思っていましたが反対に上げてしまうのかと思ってしまいます!

この事について何か情報をお持ちでしたら
教えてください!


えらい長文コメになってしまいました
今後も質問の猛攻撃をするかも・・・

その時は宜しくお願いします。

2009/07/16(木) 08:37:12 | URL | こうせい #DdbnMhAQ[ 編集 ]
九十九えびさんへ
こんにちわ

気になっちゃいましたか^^オシャレな水槽を演出してみようかなって でも人間主導型なのでお勧めはできません やはりエビさん(バクテリア)優先の水槽にしないとダメですね・・・(反省) 水草の後ろにエアーカーテンを設置して止水域防止を図ろうかなと想ってます!^^
2009/07/16(木) 10:59:28 | URL | SKRNKZ #-[ 編集 ]
オスビーさんへ
こんにちわ

講義と云う程でもないですけど・・・(冷や汗

リリーパイプはその先端の形状から水を拡散する効果があるようです 水流が緩くなるみたいですね^^ 

例えて云うなら ストローでシャボン玉を作ると小さなのが連続で出来るけど  先端を切って広げてやると同じ勢いでも 大きなのがゆっくり出来るでしょ!拡がるって云う事かな わかってくれたかな?お願いわかって^^

はいはい やりたい事は寝る間も惜しんでやりなさい!今日出来る事は今日のうちにやる! でも無理はダメですよ^^
2009/07/16(木) 11:00:42 | URL | SKRNKZ #-[ 編集 ]
aqulabo_glass さんへ
こんにちわ

そうなんですよ ジャストフィットです^^この設置方法はレイアウト水槽をやってみえる方達のブログを拝見して真似しました 良い事はドンドン取り入れる!

意外と細かいエアーが水槽内を漂っているのでいい感じです

がしかし 小倉えびさんのブログに書いてあったと想いますが CO2無添加ならエアレーションをガンガンにしたほうがエビの成長速度が速いっていうことみたいなので 追加の方向で考えています 

良かったね 当選して^^ 
2009/07/16(木) 11:01:57 | URL | SKRNKZ #-[ 編集 ]
こうせいさんへ
こんにちわ

リリーパイプは水流を弱めつつ 拡散してくれます 画像では何か得体の知れない物のように映ってますが 綺麗な泡ですよ^^前面のガラスに近いところに設置してますが大きな泡も出ますがはじけた水滴もそんなにひどくないです バルブで調整も出来ますし また細かい泡が水槽内に漂っているので いい感じではないかと・・・

僕もエビ飼育において重要なのはまず”バクテリア”だと想っています 水を作るのはバクテリアですからね^^いかにしてバクテリアを良い状態で保つのか そこじゃないかな

エアレーションをすることで水温が上がる・・・・情報が無い・・・こう考えましょう!水温が1.5度上がる でも上がり続ける事は無いですよね エアレーション無しの状態からエアレーションした後で1.5度の上昇ということなら 問題無いと想いますよ タイマー管理や手動でエアレーションを入れたり切ったりしている訳ではなく 基本入れっぱなしですよね であれば最初のセットの時だけでしょ 上昇するのは 
気温 照明での温度上昇とひっくるめて冷却すれば問題なしでしょう 1.5度の温度上昇のリスクより エアレーションをガンガンして飼育水への溶存酸素量を増やす方がバクにはメリット大でしょ 

説得力無いかな・・・まぁこんな感じでやってますので 色々勉強中なのである時急に豹変するかもしれませんが また質問して下さいね 僕にとっても勉強になりますから 皆さんのお知恵拝借ですね^^

2009/07/16(木) 11:10:28 | URL | SKRNKZ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。