泣くための唄と 忘れるための酒と・・・
出逢った頃の二人に 今すぐ戻れるならば・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
濁ってしまう原因を探る
 近頃 アマゾ二アで立ち上げると水が濁ってしまうとお嘆きの貴兄に! この記事を贈ります!


 こんにちわ SKRNKZ です


 ”アマゾニアは濁りが取れなくて・・・” よく聞くこのフレーズ 


 アマゾニアは”黄ばむ” ということをよく ブログで拝見します

 そぅいう話を事前に入手していたので使った事はありませんが アマゾニアⅡは愛用しています


 水草水槽の時に初めて使い始めました その後エビと出逢い エビにも良いという情報だったので使ってます


 アマⅡも 立上げ初期は濁りますが 1週間 1ヵ月も濁りがとれないということは・・・・・



 ということで 濁る原因について 想い当たる点があったので 30H2本で試してみました

006_convert_20090723114148[1]

 水入れ直後の状態です(同じ水量を入れましたが 外部フィルター ホースの長さの違いで若干左が水位は低いです

 水(水道水)は一度だけ入れました(一度入れて 抜いてまた入れて という作業はしてません)


 この2本の水槽は 同時進行で立上げ ソイルも9リットルを半分づつわけて投入してあります(7/23立上げ)

 ロットが悪いのであれば 今後同じように濁りがとれないはずですね また当たりなら 濁りが早くとれるかも知れません

 それぞれの外部フィルターには バクテリアが定着してます

 EHEIM エコ 2234のろ材を 取り出して同じようにわけて入れてあります 足らない分を新品で埋めてます

 右がEHEIM エコ 2234 左がEHEIM 500 です(要するに (極力)同じ環境下であるということを云いたいんです) ^^


 ある事をすると 濁りがひどくなって 長引くんじゃないかと想うので 左側の水槽だけ ある事をしてみます

濁り 7231518


 いい感じで白く濁ってますね(この状態が皆さんのいう濁りなのかわかりませんが そうではないかと云う事で話を進めます

 このまま放置して 約10時間後

濁り 7240113


 だいぶ良くなりましたが まだ濁ってますね これくらいがよく云う 濁っている状態でしょうか?
 
 更に 24時間後

濁り 7250115

 かなり透明感が出てきましたが 右の水槽と比べるとまだ濁ってます 右の水槽は 綺麗ですね(実際に綺麗です

 生体も エサも入れていないので バクテリアには申し訳ないけど もう少しだけこのままで・・・

 
 さらに 8時間後 

濁り 7250928

 これで 立上げから2日経過しましたが 左右の水槽の透明度を観ればわかると想いますが


 右の水槽は 水を入れた当初こそ白濁してましたが その後は綺麗に観えますよね

 何かを添加した訳でも こっそり水換えした訳でもなく 外部を回してエアレーションしてただけです


 さて一体左の水槽には何をしたのでしょう?



 それは 水を入れた後に ソイルに割り箸等を刺してソイル内のエアーを抜いてみました

なんちゃってプロレーザーでエアー抜き


 沢山のエアーが出てきます ソイルでの立ち上げ時にはエアーを抜いたほうがいいんでしょうか・・・?

 ソイルの中にエアーが残っていると・・・・? 調べてみないといけません  


 エアーを抜くのに こういう方法でやると 濁りが取れにくそうですね

 全換水すれば 良いんでしょうけど メンドクサイし腰に負担が・・・


 また違う方法として 一旦ソイルがヒタヒタになるくらい水を入れて 抜いてからまた入れるというやり方もあるようです 

 
 エアーを抜くなら 面倒でも水を抜いてもう一度入れる方法でやったほうが良いように想います

 
 今回右の水槽は エアー抜きをしていませんが透明ですよね(透明なんです) 換水もしてません

 2日経過時点で この透明度なら問題無しでしょ^^ まぁ観た目だけですけどね(水質はどうかな!?)
 

 この透明感なら メンドクサイエアー抜きをわざわざする必要は無いのかも・・・


 ある程度 立ち上がった後にバクテリアが定着してこれば 残ってるエアーも抜けるんではないかな?

 水草を植栽したり レイアウトする段階でも抜けると想うし たまにソイルをかき混ぜたりする時にも抜けるし

 
 また底床に入れる物(軽石 パワーサンドなど) にも依るのかも知れません 底面ならエアーの抜けは早いのかな?



 以前 木屑が嫌でソイルを水槽に入れて お風呂場で洗った事がありますが


 木屑と一緒にエアーも抜けて 濁りも捨てていたようで 濁らなかったという事はありましたが・・・(余談


 
 こんな事(エアー抜き)が 濁りの原因のひとつではないのかな? という一例としてやってみました

 いつになったら 濁りがとれるのかわかりませんが これで ”実験No.1”はお終いです 


 ♪やぁぱりぃ~~おぉ~れはぁ~~あぁあぁぁ~~ アマゾニア ツゥ~~ アマゾ二ア ツゥ~~~♪


 次はこの左の水槽に またまたある事をします 


 そぉ ”実験No.2" ミジンコ大作戦の始まりです!^^
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。