泣くための唄と 忘れるための酒と・・・
出逢った頃の二人に 今すぐ戻れるならば・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビーを自然へ

 多いですね 本当に多い 何がと云うと ビーシュリンプに関するブログの数

 例えばあるブログに辿り着き そこにリンクされているブログが10数件

 そのリンク先へ飛んでいくと そこにもまた 知らないタイトルのブログがあり

 またその先へ飛んでいくと・・・
 
 いったい 何人の方がビーを飼っているのでしょう?

 中にはブログをやっていない方も みえるでしょうし・・・ 


 こんにちわ SKRNKZ です



 ビーシュリンプの事を色々ネットで調べていると 本来の生息域にはもういないようなことが書かれてます Wiki

 残念なことですね

 日本国内のSHOP、ブリーダー、個人で飼育されている水槽内には 一体何匹の個体が居るんでしょうね

 天文学的な数字になるんでしょうか
 

 ある意味自然界にいるよりも ビーにとっては安全な環境下なのかもしれません


 もし もしもですが 日本国内の河川にビーを放流することが出来て

 そこで自然繁殖出来て そこが保護区とかに出来たら いいなぁって想いますが 

 
 ビーにとっての環境面、人間が出来るサポート?自然に任せるしかないと想いますが・・・

 現実的に、いろんな面で実現可能なんでしょうかね?


 もとはといえば 自然にいたんですからね

 
 漠然としすぎているから 自分でもよくわかりませんが 

 こんなことを考えている SKRNKZ です 

 これからも よろしくです  

012_convert_20090515112419[1]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。